宍戸ヒルズ Shishido Hills

宍戸ヒルズ

WEST OUT [JGTC]

Black Regular Ladies
398Y 358Y 326Y
west_course_img_f10
緩やかな打ち下ろしの後、グリーンに向かってやや打ち上げていくストレートなPAR4
004-片山-晋呉-Shingo-Katayama

【プロのコメント】2007年優勝、最終日イーグル

片山 晋呉 プロ

比較的距離が短いPar4ですが、その分フェアウエイが狭くティショットのコントロールが要求されるホールです。必ずしもドラバーを使用しなくてもフェアウエイにボールを運ぶ事を優先しましょう。
グリーンは傾斜がきつく、カップの上の段に乗せるととても難しくなるので、安全に手前から攻めていきましょう。


Black Regular Ladies
519Y 486Y 415Y
west_course_img_f11
緩やかな左ドッグレッグ、グリーン手前は二重のバンカーがありグリーンは奥行きが50yある3段グリーン
071-細川-和彦-Kazuhiko-Hosokawa

【プロのコメント】2005年優勝

細川 和彦 プロ

優勝した2005年の時は、Par4でした。
ティショットのポイントは、フェアウエイ中央やや左目がベストポジションですがここは確実にフェアウエイをとらえることに集中しましょう。
セカンドショットは、フェアウエイから残り250ヤードをきっていたら2オンを狙ってみましょう。ラフに入った場合は、3打目狙いでピンの位置を計算して、得意な距離を残す様に心掛けてください。
グリーンは受けており縦に長い3段グリーンとなっているため、ショートアイアンで打つ場合は、距離感とスピンに気をつけてください。グリーンの奥からは難しいアプローチまたはパターが残るので、ピンより奥にはいかないように気をつけましょう。


Black Regular Ladies
192Y 161Y 125Y
west_course_img_f01
周囲を小高い丘と樹木で囲まれたホール、グリーンの左手前から右サイドにクリークがあり、気の抜けないホールとなっている。
058-エスケー・ホ S・K・Ho

【プロのコメント】2004年優勝、ホールインワン

S・K・ホ プロ

縦長のグリーンでピンの位置により2~3クラブ違ってきます。ピンが手前にあると、クリークが気になりますし、グリーンも傾斜がきつく、奥や横からのパッティングが非常に難しくなります。
ピンが、センターから奥にあると使用クラブは長くなりますが、その分ランを使えるので、比較的寄りやすいと思います。
私が優勝した年は、このホールでホールインワンしました。その時もピンは左奥でした。私にとって非常に思い出深いホールです。
バーディを取るというよりも、どうボギーを叩かないかを考えるホールですね。


Black Regular Ladies
415Y 359Y 331Y
west_course_img_f02
ティーショットはやや打ち下ろし。グリーンの左には池があり、グリーン面も池に向かって傾斜している
021-横尾-要-Kaname-Yokoo

【プロのコメント】

横尾 要 プロ

ティーショットはフェアウェイキープを最優先に考えますが、フェアウェイの先に行くほど絞られていることもあり、また、左の池も要注意なので、池に届かないクラブでフェアウェイのセンターから右目を狙います。
セカンドショットでは、左の池を警戒しながら、グリーンの傾斜が全体的に左の池に向かっているので、ピンが左手前の時は傾斜を利用するイメージで右から攻めていきます。
また、奥のピンに対してはオーバーを警戒して手前に乗せることを心がけます。


Black Regular Ladies
390Y 339Y 248Y
west_course_img_f03
左側に池が広がる短めのパー4
005-藤田-寛之 Hiroyuki-Fujita

【プロのコメント】

藤田 寛之 プロ

左サイドに池が大きく広がっていて、視覚的にプレッシャーがかかるホールです。
ティーショットは、左の池に気を付けることはもちろんですが、あまり右に逃げ過ぎるとセカンドショットがつま先上がりのショットとなりますので、確実にフェアウェーを捉えたいところです。
セカンドショットは、グリーン手前にバンカー、グリーン左サイドには池からつながるクリークが縦に延びていますので注意が必要です。グリーンは、左手前が低く、右側が高くなっていますので、セカンドショットでピンがある面にボールを置いておくことができれば、バーディーにつながる可能性も高くなります。


Black Regular Ladies
588Y 545Y 505Y
west_course_img_f04
右ドックレックのロングホール、左サイドはOBとなっている。
031-宮里-優作 Yusaku-Miyazato

【プロのコメント】アルバトロス

宮里 優作 プロ

アルバトロスの可能性があるホールです。
ティショットがとても重要な割合を占めるホールです。
ティインググランドからフェアウエイの落とし所が見えなくなっており、右の木スレスレにフェードボールが打てればベスト。
フェアウエイを外すとパーどころかボギーを獲るのも難しくなります。
グリーンは2段グリーンで全体的にうねっているため、無理せずグリーンセンターを狙ってください。
グリーン左手前のバンカーに捕まると難しくなるので注意。


Black Regular Ladies
231Y 164Y 117Y
west_course_img_f05
グリーンの左側半分が池に囲まれたパー3
015-平塚-哲二-Tetsuji-Hiratsuka

【プロのコメント】2006年 2位

平塚 哲二 プロ

ピンの位置によって難易度が大きく変わる。
ピン位置が、右サイドの時は、ある程度逃げ道もあるので、比較的攻めやすいためオーバーだけ注意してデッドに狙う。
ピンが左サイドにある時は、傾斜も左の池に向かっており、勿論池は避けたいが、逃げ過ぎて右サイドに行ってしまうと大変難しいパッティングが残ってしまう。
気持ちを集中して、思い切ってセンターからピン方向を狙っていく。


Black Regular Ladies
456Y 390Y 287Y
west_course_img_f06
右サイドはOBで、左から林がせり出している
094-深堀-圭一郎-Keiichiro-Fukabori

【プロのコメント】

深堀 圭一郎 プロ

右サイドはすぐにOBがあるため要注意です。
僕は、大体5Wか3Wでティーショットを打ち、狙い目はFW左サイドにある樹木の右サイドです。
セカンドは4~6アイアンになりますが、グリーンが左から右に傾斜しているので基本はピンの左サイドから攻めることになります。
前半と後半を結ぶ要のホールで、非常に難しいホールです。パーならよしとするホールです。


Black Regular Ladies
508Y 375Y 356Y
west_course_img_f07
右サイドがOBのストレートなパー4、グリーン左には池がある。
068-中嶋-常幸-Tsuneyuki-Nakajima

【プロのコメント】

中嶋 常幸 プロ

距離の長い宍戸の中でも最もタフなパー4です。
ティーショットをしっかりとフェアウエーにおかないと2オンのチャンスがありません。
セカンドは左の池を十分に気をつけて、右めにのせることが攻略のポイントです。
私の大好きなホールです。